真性包茎な僕だけど34歳で童貞卒業・結婚できました!

童貞卒業の記念として最初で最後のブログを書きます。

他でも個人ブログをやってますが
そこでは言いにくいことなので

・包茎くんに感謝を込めて
・この体験談で誰かを救えたら

と思い執筆しました。

包茎治療の病院が植えつけた包茎のマイナスイメージ

世間一般では包茎(真性・仮性・カントン)は
・汚い者
・情けない者
そんな扱いをされてしまいます。

その中でも全く皮を剥くことができない真性包茎は
より嫌われ者になります(;_;)

と言うか包茎手術をすすめるクリニックが
そういうマイナスなイメージを世間に
植えつけたのですよね。

こうして僕は真性包茎で34年間童貞でした。
包茎手術はとても悩まされました。

お金儲けのために
包茎のマイナスイメージを与える病院
正直そういった病院を憎み恨んでます。

包茎がコンプレックスでお付き合いだけではなく
風俗に行きたくても行けませんでした。
振り返るとその当時は女性恐怖症みたいだったと思います。

女性と話をする時にもびくびくしてしまい
相手が好意をもってくれてるのに
知らん顔して興味のない素振りをしたり
とにかく僕は性行為の時に女性に嫌われるのがこわかった。

本当は恋したいし
その女性に惚れていたこともあります。

僕以外にも多くの包茎の方が被害を受け
過剰な病院の宣伝は
そういった包茎の人の人生を狂わしていると思います。

包茎手術に迷う方、
僕はそんなことしなくても大丈夫だと言いたい。

僕に勇気をくれたサイトの存在

僕がそう思えたきっかけは包茎専門サイトの
包茎くん」というサイトがあるのですが
そこの体験談を読んで僕は行動を起こしました。

その体験談は以下。
出会い系サイトのリアル体験談(失敗談と成功談・包茎の事前打ち明けなど)
風俗(デリヘル)のリアル体験談(包茎でも風俗嬢は相手してくれる?など)

僕は包茎くんと同じように出会い系を選びました。

理由はあらかじめ包茎と告げるなら
メールの方が言いやすいと思ったからです。

勇気を出して出会い系で仲良くなった女の子に
「包茎でまだ童貞で経験ない」と告げました。

不安だらけでしたが、お互い顔を知らない分
まだ勇気がでました。

もし微妙な反応されたりなんか言われても
見知らぬ人だから包茎をどう思われようが知ったこたない
という捨て身の感覚でした。

すると
「逆に童貞の方が嬉しいよ」
「もしも○○君に彼女ができたら、その彼女は自分しか知らないってことになるじゃん。」
「そういうの女の子は嬉しいと思うなー」
と言ってもらえました。

こんな女性もいるんですね。

正直言って包茎くんの体験談を読んだ時は
包茎くんの顔がイケてるんじゃないかと疑ったり
とにかく半信半疑でした…。
ごめんなさい。

真性包茎でもSEX・結婚が出来ました

そうして僕はその女性と
何度かデートを重ねました。

3回目のデートでは手を繋ぎ
4回目のデートではキスをして胸を触り
5回目のデートではついに…

本番(゚Д゚;)
キタ――(゚∀゚)――!!

そうして童貞を卒業できました。

まぁでも包茎と事前に告白しておいても
いざSEXとなるともうドキドキでした。

でも部屋を真っ暗にして配慮してくれた
彼女の優しさで緊張感もとけました。

真性包茎なので濡れていないと
皮が引っ張られて痛いけど
生でも挿入できます。

そしてその彼女とはお付き合いをして結婚に至りました。

今になって妻に「このサイトに救われたんだよ」と告白すると
「じゃあお礼を言ったほうがいいね」と言われましたが

お問い合わせができなくなってる…
嫌がらせを受けたようで連絡取れないみたいですね。

そこでこの感謝を込めてブログで書きました。
伝わってくれたらいいな。

それと妻は包茎くんのサイトでテクニックを勉強してます。

包茎くんのブログでよく出てくるワードの
「皮伸ばし」
「皮入れ」
「先っぽチョンチョン」
はとても気持ち良いです。

最初は気持ちよさそうだなーと
妄想しかできなかった僕ですが
今では妻がしてくれます。

休日の夜は包茎動画を夫婦で一緒に見て楽しんだり…笑

今は小作りに励んでいますが、なかなか子供ができません。
包茎だからでしょうか…。

包茎くんへ

ちょっと余計な話をしちゃいましたが
包茎くんに届くように感謝を込めて

「包茎くんがもたらせてくれたこのご縁大切にします。」
「本当にありがとうございます。」

真性包茎M 夫婦一同より

スポンサーサイト

★真面目な出会い系サイト「PCMAX」
健全な運営実績をもつ会員数600万人を突破した日本最大級の出会いマッチングサイト。
まずは無料登録からお試しください!
[PR]
出会いSNS PCMAX(PCマックス)

真性包茎な僕だけど34歳で童貞卒業・結婚できました!

童貞卒業の記念として最初で最後のブログを書きます。

他でも個人ブログをやってますが
そこでは言いにくいことなので

・包茎くんに感謝を込めて
・この体験談で誰かを救えたら

と思い執筆しました。

包茎治療の病院が植えつけた包茎のマイナスイメージ

世間一般では包茎(真性・仮性・カントン)は
・汚い者
・情けない者
そんな扱いをされてしまいます。

その中でも全く皮を剥くことができない真性包茎は
より嫌われ者になります(;_;)

と言うか包茎手術をすすめるクリニックが
そういうマイナスなイメージを世間に
植えつけたのですよね。

こうして僕は真性包茎で34年間童貞でした。
包茎手術はとても悩まされました。

お金儲けのために
包茎のマイナスイメージを与える病院
正直そういった病院を憎み恨んでます。

包茎がコンプレックスでお付き合いだけではなく
風俗に行きたくても行けませんでした。
振り返るとその当時は女性恐怖症みたいだったと思います。

女性と話をする時にもびくびくしてしまい
相手が好意をもってくれてるのに
知らん顔して興味のない素振りをしたり
とにかく僕は性行為の時に女性に嫌われるのがこわかった。

本当は恋したいし
その女性に惚れていたこともあります。

僕以外にも多くの包茎の方が被害を受け
過剰な病院の宣伝は
そういった包茎の人の人生を狂わしていると思います。

包茎手術に迷う方、
僕はそんなことしなくても大丈夫だと言いたい。

僕に勇気をくれたサイトの存在

僕がそう思えたきっかけは包茎専門サイトの
包茎くん」というサイトがあるのですが
そこの体験談を読んで僕は行動を起こしました。

その体験談は以下。
出会い系サイトのリアル体験談(失敗談と成功談・包茎の事前打ち明けなど)
風俗(デリヘル)のリアル体験談(包茎でも風俗嬢は相手してくれる?など)

僕は包茎くんと同じように出会い系を選びました。

理由はあらかじめ包茎と告げるなら
メールの方が言いやすいと思ったからです。

勇気を出して出会い系で仲良くなった女の子に
「包茎でまだ童貞で経験ない」と告げました。

不安だらけでしたが、お互い顔を知らない分
まだ勇気がでました。

もし微妙な反応されたりなんか言われても
見知らぬ人だから包茎をどう思われようが知ったこたない
という捨て身の感覚でした。

すると
「逆に童貞の方が嬉しいよ」
「もしも○○君に彼女ができたら、その彼女は自分しか知らないってことになるじゃん。」
「そういうの女の子は嬉しいと思うなー」
と言ってもらえました。

こんな女性もいるんですね。

正直言って包茎くんの体験談を読んだ時は
包茎くんの顔がイケてるんじゃないかと疑ったり
とにかく半信半疑でした…。
ごめんなさい。

真性包茎でもSEX・結婚が出来ました

そうして僕はその女性と
何度かデートを重ねました。

3回目のデートでは手を繋ぎ
4回目のデートではキスをして胸を触り
5回目のデートではついに…

本番(゚Д゚;)
キタ――(゚∀゚)――!!

そうして童貞を卒業できました。

まぁでも包茎と事前に告白しておいても
いざSEXとなるともうドキドキでした。

でも部屋を真っ暗にして配慮してくれた
彼女の優しさで緊張感もとけました。

真性包茎なので濡れていないと
皮が引っ張られて痛いけど
生でも挿入できます。

そしてその彼女とはお付き合いをして結婚に至りました。

今になって妻に「このサイトに救われたんだよ」と告白すると
「じゃあお礼を言ったほうがいいね」と言われましたが

お問い合わせができなくなってる…
嫌がらせを受けたようで連絡取れないみたいですね。

そこでこの感謝を込めてブログで書きました。
伝わってくれたらいいな。

それと妻は包茎くんのサイトでテクニックを勉強してます。

包茎くんのブログでよく出てくるワードの
「皮伸ばし」
「皮入れ」
「先っぽチョンチョン」
はとても気持ち良いです。

最初は気持ちよさそうだなーと
妄想しかできなかった僕ですが
今では妻がしてくれます。

休日の夜は包茎動画を夫婦で一緒に見て楽しんだり…笑

今は小作りに励んでいますが、なかなか子供ができません。
包茎だからでしょうか…。

包茎くんへ

ちょっと余計な話をしちゃいましたが
包茎くんに届くように感謝を込めて

「包茎くんがもたらせてくれたこのご縁大切にします。」
「本当にありがとうございます。」

真性包茎M 夫婦一同より

スポンサーサイト

★真面目な出会い系サイト「PCMAX」
健全な運営実績をもつ会員数600万人を突破した日本最大級の出会いマッチングサイト。
まずは無料登録からお試しください!
[PR]
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。